遠方へのレクレーションやライブに行くために高速バスを使った

まだまだ暑いけれど、今夜は近隣たちとみんなで窓口集合!!しかも~近隣がバースデイなのでちょっと豪華に行こうと思って蟹!!でもスーパーマーケットとかで購入すると意外と高いので今回は通販で購入しましたよ(^◇^)以前に近隣が通販で蟹を購入したことがあって、めっちゃ安いのに美味しかった!!って言っていたので。

安くて美味しいならちょっとでも安いほうがお財布には優しいですからね(^◇^)

今晩あっつい中で楽しみますよ~

まぁ、そんなことはおいて置いといて私の日雇い時代の講話をちょっと書こうと思います!(^^)!

まだ若かった辺り、遠方への遊びやライブに行くために何度か高速バスを使ったことがあります。 前の催し物のカーテンに少しマイナーができていて、そこからチラチラ漏れて現れる灯火が気になったり、冬の窓際でカラダ半分は冷えるのに車内は暖房がききすぎていてもう半分は暑かったりと、割と眠れないことが多かったのですが、お金がない年だったので安いのはありがたかっただ。

思い出深いのは、夏に都内から大阪に行ったときの事態。大震災のいずれまだ高速が完全には復旧していなかったのに、深く考えずに高速バスを利用してしまったのでした。目下もう少し通報保管もするのになあと思います。また目下インターネットも発達しているので、湯船先のウェブサイトなどにも掲載されるのでしょうが。

都内をミッドナイト11うちぐらいに出発して、翌朝7うちぐらいには大阪に着いてある予定だったのに、正午を回ってもまだ大阪府に入れていない地位でした。渋滞が100キロを超えている形勢だったので。小説やご飯を持っていたのは幸いでしたが、当然つもりが入っていたので本当にやきもきしました。只、途中で知る駅舎の標識を見つけたので降ろしてもらい、車両でかけつけ、遅れはしたもののなんとか案件はこなすことができましたが。 その夜にはまた高速バスで戻ったので、ものすごく長い運行瞬間と、逆にものすごく短い寝泊り瞬間となったのでした。キャッシングで職場連絡なし