男の婦人に何かあったら助けてもらっています

あたしは高校生を卒業してから、大手の地の本部の経理の出勤についていました。
あたしはその会社で同期の女性がウェディングでディーラーを辞めて行くのを見て、かなりいらだちを感じていました。あたしには旦那がいなかったからでした。
あたしは、同期のネットワークを紹介してもらって付き合って結婚したのが現在の彼氏だ。
結婚するときにどうしても彼氏に父母と同居やるといわれて一緒に暮らしてきました。彼氏の父親とはあまりうまく行きませんでしたが、彼氏の母さんは優しい他人でしたので何とか一緒に住むことができました。
小児の自転車の修復に5000円かかってしまったときに、彼氏の母さんにへそくりを借りたことがありました。
そのときは自分の財布に2000円ほどしかなかったのです。
しかも割り当ての出勤もしていなかったので、へそくりにはいつもスペースがありませんでした。その後も自分の自転車が盗まれてしまったときも、携帯で家に電話して自転車屋ちゃんまで、彼氏の母さんにへそくりを持ってきてもらってその場で新しい自転車を買ったことがありました。
彼氏の母さんはいつも余剰にへそくりを有するので、へそくりに困るとつい借りてしまうんです。躊躇なく貸してくれるので助かります。
これからもきっとそういうことがいらっしゃるような気がします。

今は、彼氏の母さんに何かあったら助けてもらっていますが、母さんも高齢になってきて、こんなこと言っては縁起でもないのですが、もしも母さんが亡くなってしまったらあたしには寄り掛かるところがなくなってしまいます。
彼氏にお願いをして、余分なへそくりを生活費として入れてほしいと今までもお願いしたことがあったのですが、アパート融資も秘めるし、蓄積もしないといけないから、あんなスペースはないといわれ、これっきりなんですよね。

稼業ママをしているので、我々も少し繋がりに出ようかななんても思っています。やはり、少しはスペースが欲しいですからね。ホームページはこちら